宮城県にある家を売却します。費用や売却価格などの注意事項は?

不動産の流通会社に売却依頼するのは良いことですが、リノベーション費用などを差引かれることもあります。

その他の基本や注意点をお話ししておきましょう。

◇リノベーションのための費用が差し引かれる。

不動産売買は、不動産物件を斡旋する不動産屋さんや不動産流通会社などが専門の会社・組織ということになります。

自分でダイレクトに売却するよりは、はるかに安全でスムーズだと言えます。

ただし築年数が経った物件は、リフォームやリノベーションが前提となるので、その分の費用が差し引かれます。

その他には、媒介手数料となるもので売却成立価格の3%を支払うことになります。

司法書士などへの報酬が生じた場合は、実費としての支払いが必要になります。

◇査定額の根拠や理由を詳しく聞いておくこと。

不動産査定が終わったら、その査定額の理由について不動産鑑定士から詳しく聞いておきましょう。

売却依頼をするときに、“販売価格をいくらに設定すべきか”の参考になります。

宮城県にある当該物件の周辺環境や戸建て物件の相場も調べておきましょう。

また売却依頼の契約には「一般媒介契約」と「専任媒介契約」の2つがあります。

専任で契約してしまうと、他社に依頼できなくなります。

◇不動産物件は時により相場の上がり下がりが顕著になります。

余裕があれば、周辺の不動産物件の価格を調査しデータ化しておきましょう。

宮城県などの東北エリアでも、ここ数年は地価の上昇が目立っています。

そうした実態を下調べしておくと不動産査定の額に納得がいくばかりか、不動産流通会社に売却を依頼する際にも、自信をもって販売価格の交渉ができます。

人任せにしてしまうと後に悔いを残すこともあります。