婚約指輪のダイヤモンドの4C

婚約指輪といえばダイヤモンド!ダイヤモンドの価値は大きさ・重さを表すカラット以外にも3つの鑑定要素があります。

今回は、その4Cについて解説をします。

①色(カラー)

マスターストーンと呼ばれる基準の石をもとに判定され、無職に近いほど評価がたかくなります。

1番評価が高いのはDカラーと呼ばれるもので、大きくわけると、次のように分けられます。

DEF:無色透明

GHIJ:ほぼ無色

KLM:かすかな黄色

N-R:非常に薄い黄色

S-Z:薄い黄色

婚約指輪で使われる色は、DカラーからIカラーぐらいまでです。

それ以下のものはほぼ使われることはないでしょう。

また、Dカラーは希少価値が高いため、とても高価です。

Fカラーぐらいのもので、大きな石にする方も非常に多いです

②透明度(クラリティ)

ダイヤモンドの傷や内包物の大きさにや量によって判定されます。

1番評価が高いのはFLですが、一般的なお店では取り扱いがないことも。

FL:10倍に拡大しても内部・外部ともに内包物が見つけられない

IF:外部には微細なキズが見られるが内部には10倍に拡大しても内包物を見つけられない

VVS:10倍の拡大では、内包物の発見が非常に困難

VS:10倍の拡大では、内包物の発見が困難

SI:10倍の拡大では内包物の発見が比較的容易だが、肉眼では困難

I:内包物が肉眼で容易に発見できる

クラリティは顕微鏡で見ないと分からない要素なので、あまり意識しなくても良いかもしれません。

③重さ(カラット)

石の重さです。

1ctは0.2gです。

一般的には0.3ct以上を選ぶ人が多いのではないでしょうか。

大きさは目に見えてはっきり分かるので、妥協したくないならこだわりましょう!

④研磨(カット)

職人による研磨の評価です。

「EXCELLENT(EX)」「VERY GOOD(VG)」「GOOD(G)」「FAIR(F)」「POOR(P)」の5段階があります。

高級ブランドではなくても百貨店に入っているようなクラスのお店では、EXを扱っていますよ。

ダイヤモンドは目に見えてわかる重さのct以外にも、様々な評価の方法があります。

婚約指輪のデザインや、こだわりたい部分、妥協してもよい部分、予算と相談して、素敵なダイヤモンドを見つけましょう!

Welcome , today is 金曜日, 2016年12月9日