宮城県にある親の空家を不動産査定してもらいました

不動産の売却を成功させるには、宮城県内の当該地の不動産査定額を基本にした、プロの相場観と売り込みの話術が重要になります。

要点をお話ししておきましょう。

◇売買のプロのスタッフに任せるのが一番。

不動産の早期売却を望む場合よくある失敗してしまうケースは、“買い手に足下を見られてしまう”といったことです。

昔からよくそのようなことが言われていますが、あまり売り急いで、“こちらの事情”を明かしてしまったりするとそうなります。

不動産査定で得た査定価格を参考にして、まず “いくらからいくらの範囲であれば売却しても良いか”を遺産相続人と話し合っておきましょう。

また売り主が直接交渉するようなやり方をやめ、不動産流通会社などのプロに売却を依頼することです。

◇セールスポイントを整理しておくことが大事。

実際の交渉では、プロの相場観と物件のセールスポイントの売り込みが重要になります。

不動産流通会社の担当者に売却を依頼するときは、売り主としてのセールスポイントを箇条書きにして渡しておきましょう。

プロにでもわかる立地や住環境などではなく、リフォームをした箇所とか、耐震補強を行なったなどです。

◇不動産査定の額に大きな振れ幅はありません。

宮城県内の当該地がそうであれば、物件のお得感をどうプレゼンするかが勝負どころです。

宮城県内であってもなくても、プロが行なった不動産査定の額は、他のどこに頼んでも大差はありません。

問題は物件のアピールポイントを、もれなくどう訴求するかです。

希望の売却額の下限が決まったら、不動産流通会社の担当者とよく話し合っておきましょう。

☆おすすめは地元密着の不動産会社!…売却なら永大ハウス工業